ブログ始めて2週間のホリタです。

好きなものは空を見上げることと朝起きたら太陽を見ること。(どっちも空関係)それと瞑想です。だいぶ変わってますよね(笑) そういわれることが多いのでそう思ってますけど、そんな感じのゆるい奴です。

なぜブログを書き出したかというと日記を書いているならブログとしていろんな人に見てもらえる方が価値があるのではないかと思ったからです。 自分の考え方に対して多くの方がどう思うのか気になったからです。

そして今話題になっているものに僕の目線で切り込んでいくような記事を書いていこうと思っています。

そして第一弾の企画として今Twitterで話題のFXSuitについて言及していこうと思っています。いきなり批判から入るところあたりどうなのかと異論を持たれそうですが、自分の主観を入れながら説明できればと思っているので宜しくお願いします。

今話題になっているFXSuit。ぼくはかなり怪しいと思って客観的にみていました。

放置で月利15%の利回り。年間180%の利回りを施すことが出来る投資案件なんて中々ないと思っています。 それこそハイプ案件のにおいがします。

なので今回は「FXSuitは詐欺案件なのかどうなのか」をいろんな角度から見ていきたいと思います。

ハイプ案件とはHigh Yield Investment Programの略でよく「高収益プログラム」といわれることがあります。これは銀行などの金融機関を通さずに行える仮想通貨でよく用いられる手法ですが、ハイプ案件かどうか見極めるにはいくつか先に説明する必要があるのでそれから説明していきましょう。

FXSuit社を活用した3すくみはどのように成り立っているのかというと、それぞれの為替ででる利益や損益は全て相殺(正しくはほぼ)したうえで、スワップで増やしていこうというやり方です。強みとしてはFX初心者でも出来る取引方法になっていることがここまで人気を博している理由だと思います。  現に6月当初からやり続けている方は7か月たった今100万円以上の利益を上げている方も余裕でいらっしゃるそうです。 中には2000万超えの猛者もいるとか。(話の次元が違いすぎて話が頭に入ってこないです)

どのよう仕組みなのか確認します。

3すくみについて図で解説

EURを売ってUSDを買う EUR/USD 売り
EURを買ってJPYを売る  EUR/JPY  買い
USDを売ってJPYを買う  USD/JPY  売り

つまりそれぞれの通貨で売ると買うを行っているので相殺するってことですね。

この状態で利益となるのが金利の部分。 金利がどのように動いているのかというと、

EUR/USD 売り  7.8
EUR/JPY 買い   0
USD/JPY 売り -2.6
5.2

参考:FXSuit公式ページより

つまり、この3通貨でこの売りと買いの方程式でなければ利益がでないという、考えられた方法なんです。 これを最初に見つけ出した人はものすごく頭がキレるなと感心していました。 この方法を見つけたのがsaekinomao氏。
Twitter:@saekinoma02
この人物が昨年の6月に投稿したツイートから始まったといわれます。 このsaekinomaoという人物についても調べてみました。

この人物金融界の有名週刊誌SPA!にも掲載されたことがあるほどの実力の持ち主。

彼の発言には多くの人が反応を示しています。そんな影響力を持っている彼が6月末に投稿したものがこちら。

その方法こそが先程説明した3すくみの方法だったんですね。

さあ、後はこの利回りが果たしてちゃんと出すことが出来るのか。 それに関してこちらをどうぞ。

結論を先に述べると詐欺ではない可能性が高いです。

FXの金利はどうやって決まるかというと国の政策金利によって定まっている。 そして今回の3すくみで用いている通貨の政策金利は以下の通り。

JPY -0.01%
EUR   0%
USD +2.5%

簡単に説明すると100ドルを一年間持ち続けたら年末には102~102.5ドルに増えているということ。

それがなぜ180%もの利回りを出すことが出来るか。

その理由はハイレバレッジにある。

FXSuitではレバレッジを最大で500倍にまで増やすことが出来ます。 つまり1万円で500万円分を運用することが出来る。 ここまでは大丈夫ですか?

今回の3すくみではEUR/USDを1lot売る。

FXSuitは10万通貨が1lotになっているため10万EUR分のドルを買うって意味です。

10万ユーロ≒11600ドル≒12060000円

つまり1206万円分ものドルを持つ計算になります。

分かりやすいようにここから日本円で計算していきます。

この時年利が2%~2.5%だとすると、

1206000×2.5%=301500円 /年

月計算してみると

301500÷12=25125円/月

月に25125円分の利益はでてもおかしくない計算になります。

それなら15%の利益なら10万円でも15000円の理屈はまかり通る計算になります。

アメリカの政策金利では月利25%に対して

FXSuitの3すくみに関しては月利15%

国の政策金利よりはちゃんと下回る理屈の通った結果が出てしまいました。

意外な結果になりましたか? ぼくはだいぶ疑ってかかった側だったのでぶっ飛んでる答えになると思っていましたが、 ふたを開けてみればまともな答えが返ってきました。

正直驚きましたが事実に変わりはないのかなとぼくの考えを改める必要がありそうです。

いかがだったでしょうかFXSuit。世間を賑やかしているFXSuitですが思いのほか、ロジックはしっかりしていそうです。尻尾を暴くつもりが財宝にたどり着く気がしてきました。

これからどうなるのか分かりませんが、今後もどのような仕組みなのか細かく調べていきたいと思います。 また次回お会いしましょう。さようなら~