ただし、銀行がお金を貸してくれるかどうかは時期によって大きく変わってきます。

少し前の話になりますが、スルガ銀行が無理な貸付を行って大量の不良債権を発生させたニュース覚えているでしょうか?

シェアハウスの「かぼちゃの馬車事件」です。

銀行は、その人の資産や年収を考慮して、返済能力があると判断した場合に貸し付けを行います。

しかしこの件では、資金が少ない人や年収が少ない人に対しても貸し付けを行っていました。

シェアハウスの運営が順調なら問題はありませんでしたが、多くは入居者が埋まらずにローンが返せない状況になりました。

不動産経営が順調にいかず、つまり入居者が埋まらずにローン返済が滞り、ついには返済不能になる・・・。

銀行員は、融資件数が増えれば増えるほど自分の成績が上がるので、なるべく多くの融資を行いたいと考えています。

融資を行う際には相手の返済能力を十分見極めてから行うのが普通ですが、スルガ銀行の銀行員は自分の成績を伸ばすためローン申込者の給与明細や資産状況などを改ざんし、返済能力あるなしに関わらず次々と融資を行っていきました。

その結果として、返済できず多額な借金を背負う人、または自己破産に追い込まれる人も多くいました。

つまり、金を貸す貸さないは銀行次第、そして融資をするかどうかは、その時期によって大きく変わります。

審査を緩くして返済能力の低い人に融資をする時期もあります。

では、どの程度の年収があれば、銀行は貸してくれるのかというと、年収800万円以上のサラリーマンなら銀行はいつでも融資をしてくれるでしょう。

また年収600万円でも、多分融資をしてくれると思います。

しかしそれよりも年収が下がると、ローンを組むことは少し難しくなります。

とは言え、年収が低いとローンを組むのは無理かと言うと、そんなこともありません。

世の中には多くの金融機関があります。

その全ての融資基準が同じということはないので、いくつか回れば、貸してくれるところも見つかると思います。

低年収ながら不動産投資を行う人の中には10件20件と多くの銀行を回って融資を取り付けたという人も少なくありません。

銀行も金を貸すのが仕事なので、できれば貸したいと思っています。

年収が500万円あるいは400万円と微妙な額の人は、とりあえず融資申し込みをしてみる。

断られる可能性もありますが、一度断られたくらいでは諦めずに、2件、3件と頼んでみれば融資をしてくれる銀行は見つかるかもしれません。

私が紹介している投資法はローンを組まずに簡単に資産運用ができます。

FXSUITのスワップ運用です。

この手法を使うと月利15%の収益を毎月得ることができるので、不動産投資よりも遥かに良い利回りで運用できます。

誰でも簡単に行えて2万円から始めることができるので資産運用が初めての方にもおすすめです。